特徴は?克服するコツとは?

コーヒーが苦手な人に何が苦手なのか?と聞いたら、コーヒーの苦味が苦手という理由の人が多い。最近多いというのではなく常に一定の割合で、苦手な人がいる飲み物。苦く嗜好性が強い飲み物それがコーヒー。味の特徴=苦味。このコーヒーの苦味がみなさんを悩ませてるところでしょう?それは味の一面なんですね。苦味がないのは美味しくありませんあるいは痩せ枯れたようななんだかなという味になってしまうもの。でも必要とされるはずの苦味という1つの側面に対して苦手な人がなぜ多いのか、実は間違った苦味というものがり、苦味が悪いわけではないのだ。コーヒーは変化に影響されます。淹れる温度や飲む時になるべく熱い温度(火傷しない)で飲むなど押さえる点があり逃すと悪い苦味に出会うことになる。苦味の中にエグミやイガラ味が付いてくるこれがニゲエ味で皆さんの苦手な苦味。

それは珈琲というものの捉え方と1つのアドバイスによってコーヒーを好きになることが可能だということ。珈琲は普通ポジションは飲む側だということ。でも珈琲ほど淹れる側(提供する)も飲む側のポジションも大事でその両方が美味しさに繋がる飲み物は他にないという捉えるポイントがある。アドバイスというのが自分でコーヒーを淹れてみよう生活に取り入れようというものです。これが克服するコツで、更にCOFFEEをワインをテイスティングするように空気を含ませるように飲むといった味わい型を変えるだけでも克服に近づく。態々な感じはするがいいコーヒーに出会うのがコーヒー苦手をカ・エ・ル鍵です。

コーヒーは飲む側淹れる側の両方を感じられる。楽しめる飲み物。淹れる側に立つと分かるものがある。飲む側だけでは足らないのだ。

だから

苦手を和らげるのならば、コーヒーのことが気になるならまず、心の片隅にこのことを置いて下さい。コーヒーは味わうこと楽しむこと。コツは両輪がカタカタ回ってることですよ。珈琲を自分で点てれば楽しいという気持ちに自然となるものです。コーヒー嫌い歴(いままで)からコーヒー好き歴を1ページずつ増やしていきましょう。

ゲンさんの珈琲工房

はコーヒーとコーヒーの苦手な人の出逢いの場、そしてゲンさんはその一助になる。架け橋になりたい。

珈琲はできることから!!

コーヒーが飲めないことがマイナスになってしまっての仕事はつらいものです。身近に置くことで、ブラック珈琲への抵抗を減らす方法は意外に簡単。

ブラックコーヒーが飲めることは社会人生活を会社員をやっていく上で切っても切れないもの。上手に付き合っていくことで、会社員生活を一層スムーズに過ごすメリットがある。

得意先や商談でもし珈琲が出てきたらどうするというパターンは大きくは二つ。

1つは珈琲飲めるかどうかよりは話をつけれるか立ち回るのが得意かによるので参考になるかは微妙だけど

例えば①先輩と一緒で初めての得意先の場合は珈琲が苦手なことを告げてお茶にしてもらうとか

例えば②初めての得意先でコーヒーがでてきてしまったとしても初めてだからできる手または体調があまりすぐれない時の奥の手はコーヒーが実は飲めませんという手

これはカフェインが強くない人はお腹が緩くなるとか頭が痛くなるとか体に影響があるということは確かだから嘘でもハッタリでもないので断っても大丈夫では?という手。いずれも立ち回るのが下手だとできないけど

2つ目は飲めるなら、砂糖を多めに入れて混ぜずにそのまま飲み最後の一口を凄甘に終わらせる手。雑味があるコーヒーはこれでやり過ごす。

その場をしのいだら違う飲み物でお口直しをしたくなるところだと思いますが・・・ここは得意先から離れたところでマイ水筒を事前に用意そのコーヒーを飲む。中身をカフェインレスコーヒーにして持ち歩く習慣をつけ嫌なコーヒー(さっきでたコーヒー)をソフトなコーヒーで埋め合わせる方法です。

ブラックコーヒーを飲む習慣にも通ずるのでマイ水筒会社に持参作戦はいい方法では?お試しください。

この水筒の中身はアイスならボトルコーヒーそのまま入れて、ホットならおいしいカフェインレスコーヒーでUCCのものがいいでしょう。それと飲みやすさで選ぶならボトルコーヒーはネスレ無糖おすすめです。

でも本当の克服はブラックコーヒーを自分で淹れることで叶います。珈琲の奥深いセカイに入り込むことで、珈琲好き歴が始まります。

コーヒーを作っているのは自然ですが、感動は人間が生み出すものです。

アナタの暮らしに彩りと深みができコーヒーが人生の友になるを目指しましょう。

最後にこのホームページの紹介をゲンさんです。30代後半の男性です。北九州市に住んでいます。1杯1杯のコーヒーに楽しさと美味しさを感じる珈琲好きです。コーヒー好き歴が今も更新しているのはこの二つの楽しさと美味しさの両輪がカタカタ回っているからである(秘訣)。十代で自分で珈琲を淹れるようになった。ペーパーフィルターを二重にして淹れる抽出を考え、ミルで一杯ごとにコーヒー豆を挽き、コーヒー抽出の度に新鮮な水から沸かすことの大切さ水の美味しさがコーヒーの味に左右するなど体験や試行錯誤を繰り返しながら、今に至る。ゲンさんの珈琲の考えやコーヒーに向き合う時のスタンスなど綴れたらと思います。コーヒーが苦手な人が「コーヒー嫌いだった私がコーヒー好き歴ハジマリました!やったね!!」となる人が少しでも増えることを願いながら。ゲンさんの珈琲工房をこれからもよろしくお願いします。